万葉集1168番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1168番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1168番について

歌番号

1168番

原文

今日毛可母|奥津玉藻者|白浪之|八重折之於丹|乱而将有

訓読

今日もかも沖つ玉藻は白波の八重をるが上に乱れてあるらむ

かな読み

けふもかも|おきつたまもは|しらなみの|やへをるがうへに|みだれてあるらむ

カタカナ読み

ケフモカモ|オキツタマモハ|シラナミノ|ヤヘヲルガウヘニ|ミダレテアルラム

ローマ字読み|大文字

KEFUMOKAMO|OKITSUTAMAMOHA|SHIRANAMINO|YAHEORUGAUHENI|MIDARETEARURAMU

ローマ字読み|小文字

kefumokamo|okitsutamamoha|shiranamino|yaheorugauheni|midaretearuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|植物

校異

特に無し

寛永版本

けふもかも[寛],
おきつたまもは[寛],
しらなみの[寛],
やへをるがうへに,[寛]やへおりのうへに,
みだれてあるらむ,[寛]みたれたるらむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました