万葉集1308番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1308番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1308番について

歌番号

1308番

原文

大海|候水門|事有|従何方君|吾率凌

訓読

大海をさもらふ港事しあらばいづへゆ君は我を率しのがむ

かな読み

おほうみを|さもらふみなと|ことしあらば|いづへゆきみは|わをゐしのがむ

カタカナ読み

オホウミヲ|サモラフミナト|コトシアラバ|イヅヘユキミハ|ワヲヰシノガム

ローマ字読み|大文字

OHOMIO|SAMORAFUMINATO|KOTOSHIARABA|IZUHEYUKIMIHA|WAOISHINOGAMU

ローマ字読み|小文字

ohomio|samorafuminato|kotoshiaraba|izuheyukimiha|waoishinogamu

左注|左註

右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|略体

校異

海【元】船

寛永版本

おほうみを,[寛]おほうみの,
さもらふみなと,[寛]まもるみなとの,
ことしあらば,[寛]ことあるに,
いづへゆきみは,[寛]いつくにきみか,
わをゐしのがむ,[寛]われゐしのかむ,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました