万葉集1096番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1096番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1096番について

歌番号

1096番

原文

昔者之|事波不知乎|我見而毛|久成奴|天之香具山

訓読

いにしへのことは知らぬを我れ見ても久しくなりぬ天の香具山

かな読み

いにしへの|ことはしらぬを|われみても|ひさしくなりぬ|あめのかぐやま

カタカナ読み

イニシヘノ|コトハシラヌヲ|ワレミテモ|ヒサシクナリヌ|アメノカグヤマ

ローマ字読み|大文字

INISHIHENO|KOTOHASHIRANUO|WAREMITEMO|HISASHIKUNARINU|AMENOKAGUYAMA

ローマ字読み|小文字

inishiheno|kotohashiranuo|waremitemo|hisashikunarinu|amenokaguyama

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|香具山|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

いにしへの[寛],
ことはしらぬを[寛],
われみても[寛],
ひさしくなりぬ[寛],
あめのかぐやま,[寛]あまのかくやま,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました