万葉集1226番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1226番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1226番について

歌番号

1226番

原文

神前|荒石毛不所見|浪立奴|従何處将行|与奇道者無荷

訓読

三輪の崎荒磯も見えず波立ちぬいづくゆ行かむ避き道はなしに

かな読み

みわのさき|ありそもみえず|なみたちぬ|いづくゆゆかむ|よきぢはなしに

カタカナ読み

ミワノサキ|アリソモミエズ|ナミタチヌ|イヅクユユカム|ヨキヂハナシニ

ローマ字読み|大文字

MIWANOSAKI|ARISOMOMIEZU|NAMITACHINU|IZUKUYUYUKAMU|YOKIJIHANASHINI

ローマ字読み|小文字

miwanosaki|arisomomiezu|namitachinu|izukuyuyukamu|yokijihanashini

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|地名

校異

特に無し

寛永版本

みわのさき[寛],
ありそもみえず,[寛]あらいそもみえす,
なみたちぬ,[寛]なみたたす,
いづくゆゆかむ,[寛]いつこよりゆかむ,
よきぢはなしに,[寛]よきみちはなしに,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました