万葉集1137番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1137番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1137番について

歌番号

1137番

原文

氏人之|譬乃足白|吾在者|今齒<与>良増|木積不来友

訓読

宇治人の譬への網代我れならば今は寄らまし木屑来ずとも

かな読み

うぢひとの|たとへのあじろ|われならば|いまはよらまし|こつみこずとも

カタカナ読み

ウヂヒトノ|タトヘノアジロ|ワレナラバ|イマハヨラマシ|コツミコズトモ

ローマ字読み|大文字

UJIHITONO|TATOHENOAJIRO|WARENARABA|IMAHAYORAMASHI|KOTSUMIKOZUTOMO

ローマ字読み|小文字

ujihitono|tatohenoajiro|warenaraba|imahayoramashi|kotsumikozutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|羈旅|地名

校異

王->与【万葉集略解】(塙【古義捄よる】)生

寛永版本

うぢひとの,[寛]うちひとの,
たとへのあじろ,[寛]たとへのあしろ,
われならば,[寛]われなれは,
いまはよらまし,[寛]いまはきよらそ,
こつみこずとも,[寛]こつみこすとも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました