万葉集1203番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1203番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1203番について

歌番号

1203番

原文

礒上尓|爪木折焼|為汝等|吾潜来之|奥津白玉

訓読

礒の上に爪木折り焚き汝がためと我が潜き来し沖つ白玉

かな読み

いそのうへに|つまきをりたき|ながためと|わがかづきこし|おきつしらたま

カタカナ読み

イソノウヘニ|ツマキヲリタキ|ナガタメト|ワガカヅキコシ|オキツシラタマ

ローマ字読み|大文字

ISONOHENI|TSUMAKIORITAKI|NAGATAMETO|WAGAKAZUKIKOSHI|OKITSUSHIRATAMA

ローマ字読み|小文字

isonoheni|tsumakioritaki|nagatameto|wagakazukikoshi|okitsushiratama

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

いそのうへに[寛],
つまきをりたき[寛],
ながためと,[寛]なかためと,
わがかづきこし,[寛]わかかつきこし,
おきつしらたま[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました