万葉集1125番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1125番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1125番について

歌番号

1125番

原文

清湍尓|千鳥妻喚|山際尓|霞立良武|甘南備乃里

訓読

清き瀬に千鳥妻呼び山の際に霞立つらむ神なびの里

かな読み

きよきせに|ちどりつまよび|やまのまに|かすみたつらむ|かむなびのさと

カタカナ読み

キヨキセニ|チドリツマヨビ|ヤマノマニ|カスミタツラム|カムナビノサト

ローマ字読み|大文字

KIYOKISENI|CHIDORITSUMAYOBI|YAMANOMANI|KASUMITATSURAMU|KAMUNABINOSATO

ローマ字読み|小文字

kiyokiseni|chidoritsumayobi|yamanomani|kasumitatsuramu|kamunabinosato

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|飛鳥|地名|動物

校異

特に無し

寛永版本

きよきせに[寛],
ちどりつまよび,[寛]ちとりつまよふ,
やまのまに,[寛]やまのはに,
かすみたつらむ[寛],
かむなびのさと,[寛]かみなひのさと,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました