万葉集1069番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1069番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1069番について

歌番号

1069番

原文

常者曽|不念物乎|此月之|過匿巻|惜夕香裳

訓読

常はさね思はぬものをこの月の過ぎ隠らまく惜しき宵かも

かな読み

つねはさね|おもはぬものを|このつきの|すぎかくらまく|をしきよひかも

カタカナ読み

ツネハサネ|オモハヌモノヲ|コノツキノ|スギカクラマク|ヲシキヨヒカモ

ローマ字読み|大文字

TSUNEHASANE|OMOHANUMONO|KONOTSUKINO|SUGIKAKURAMAKU|OSHIKIYOHIKAMO

ローマ字読み|小文字

tsunehasane|omohanumono|konotsukino|sugikakuramaku|oshikiyohikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

特に無し

寛永版本

つねはさね,[寛]つねはさも,
おもはぬものを[寛],
このつきの[寛],
すぎかくらまく,[寛]すきかくれまく,
をしきよひかも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました