万葉集1413番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1413番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1413番について

歌番号

1413番

原文

庭津鳥|<可>鷄乃垂尾乃|乱尾乃|長心毛|不所念鴨

訓読

庭つ鳥鶏の垂り尾の乱れ尾の長き心も思ほえぬかも

かな読み

にはつとり|かけのたりをの|みだれをの|ながきこころも|おもほえぬかも

カタカナ読み

ニハツトリ|カケノタリヲノ|ミダレヲノ|ナガキココロモ|オモホエヌカモ

ローマ字読み|大文字

NIHATSUTORI|KAKENOTARIONO|MIDAREONO|NAGAKIKOKOROMO|OMOHOENUKAMO

ローマ字読み|小文字

nihatsutori|kakenotariono|midareono|nagakikokoromo|omohoenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|枕詞|動物|枕詞

校異

下->可【類】【紀】【温】

寛永版本

にはつとり[寛],
かけのたりをの[寛],
みだれをの,[寛]したりをの,
ながきこころも,[寛]なかきここrも,
おもほえぬかも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました