万葉集1271番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1271番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1271番について

歌番号

1271番

原文

遠有而|雲居尓所見|妹家尓|早将至|歩黒駒

訓読

遠くありて雲居に見ゆる妹が家に早く至らむ歩め黒駒

かな読み

とほくありて|くもゐにみゆる|いもがいへに|はやくいたらむ|あゆめくろこま

カタカナ読み

トホクアリテ|クモヰニミユル|イモガイヘニ|ハヤクイタラム|アユメクロコマ

ローマ字読み|大文字

TOHOKUARITE|KUMOINIMIYURU|IMOGAIHENI|HAYAKUITARAMU|AYUMEKUROKOMA

ローマ字読み|小文字

tohokuarite|kumoinimiyuru|imogaiheni|hayakuitaramu|ayumekurokoma

左注|左註

右一首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋愛|非略体|動物

校異

歌【西】謌

寛永版本

とほくありて[寛],
くもゐにみゆる[寛],
いもがいへに,[寛]いもかいへに,
はやくいたらむ[寛],
あゆめくろこま[寛],

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました