万葉集1118番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1118番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1118番について

歌番号

1118番

原文

古尓|有險人母|如吾等架|弥和乃桧原尓|挿頭折兼

訓読

いにしへにありけむ人も我がごとか三輪の桧原にかざし折りけむ

かな読み

いにしへに|ありけむひとも|わがごとか|みわのひはらに|かざしをりけむ

カタカナ読み

イニシヘニ|アリケムヒトモ|ワガゴトカ|ミワノヒハラニ|カザシヲリケム

ローマ字読み|大文字

INISHIHENI|ARIKEMUHITOMO|WAGAGOTOKA|MIWANOHIHARANI|KAZASHIORIKEMU

ローマ字読み|小文字

inishiheni|arikemuhitomo|wagagotoka|miwanohiharani|kazashiorikemu

左注|左註

右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|三輪山|奈良|非略体|地名|悲嘆

校異

特に無し

寛永版本

いにしへに[寛],
ありけむひとも[寛],
わがごとか,[寛]わかことか,
みわのひはらに,[寛]みわのひのくに,
かざしをりけむ,[寛]かさしをりけむ,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました