万葉集1319番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1319番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1319番について

歌番号

1319番

原文

大海之|水底照之|石著玉|齋而将採|風莫吹行年

訓読

大海の水底照らし沈く玉斎ひて採らむ風な吹きそね

かな読み

おほうみの|みなそこてらし|しづくたま|いはひてとらむ|かぜなふきそね

カタカナ読み

オホウミノ|ミナソコテラシ|シヅクタマ|イハヒテトラム|カゼナフキソネ

ローマ字読み|大文字

OHOMINO|MINASOKOTERASHI|SHIZUKUTAMA|IHAHITETORAMU|KAZENAFUKISONE

ローマ字読み|小文字

ohomino|minasokoterashi|shizukutama|ihahitetoramu|kazenafukisone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

おほうみの[寛],
みなそこてらし,[寛]みなそこてらす,
しづくたま,[寛]あはひたま,
いはひてとらむ[寛],
かぜなふきそね,[寛]かせなふきこそ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました