万葉集1239番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1239番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1239番について

歌番号

1239番

原文

大海之|礒本由須理|立波之|将依念有|濱之浄奚久

訓読

大海の礒もと揺り立つ波の寄せむと思へる浜の清けく

かな読み

おほうみの|いそもとゆすり|たつなみの|よせむとおもへる|はまのきよけく

カタカナ読み

オホウミノ|イソモトユスリ|タツナミノ|ヨセムトオモヘル|ハマノキヨケク

ローマ字読み|大文字

OHOMINO|ISOMOTOYUSURI|TATSUNAMINO|YOSEMUTOMOHERU|HAMANOKIYOKEKU

ローマ字読み|小文字

ohomino|isomotoyusuri|tatsunamino|yosemutomoheru|hamanokiyokeku

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

おほうみの[寛],
いそもとゆすり[寛],
たつなみの[寛],
よせむとおもへる,[寛]よらむとおもへる,
はまのきよけく,[寛]はまのさやけく,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました