万葉集1241番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1241番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1241番について

歌番号

1241番

原文

黒玉之|玄髪山乎|朝越而|山下露尓|沾来鴨

訓読

ぬばたまの黒髪山を朝越えて山下露に濡れにけるかも

かな読み

ぬばたまの|くろかみやまを|あさこえて|やましたつゆに|ぬれにけるかも

カタカナ読み

ヌバタマノ|クロカミヤマヲ|アサコエテ|ヤマシタツユニ|ヌレニケルカモ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|KUROKAMIYAMAO|ASAKOETE|YAMASHITATSUYUNI|NURENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

nubatamano|kurokamiyamao|asakoete|yamashitatsuyuni|nurenikerukamo

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|奈良|地名

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
くろかみやまを[寛],
あさこえて[寛],
やましたつゆに[寛],
ぬれにけるかも[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました