万葉集1317番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1317番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1317番について

歌番号

1317番

原文

海底|沈白玉|風吹而|海者雖荒|不取者不止

訓読

海の底沈く白玉風吹きて海は荒るとも取らずはやまじ

かな読み

わたのそこ|しづくしらたま|かぜふきて|うみはあるとも|とらずはやまじ

カタカナ読み

ワタノソコ|シヅクシラタマ|カゼフキテ|ウミハアルトモ|トラズハヤマジ

ローマ字読み|大文字

WATANOSOKO|SHIZUKUSHIRATAMA|KAZEFUKITE|UMIHAARUTOMO|TORAZUHAYAMAJI

ローマ字読み|小文字

watanosoko|shizukushiratama|kazefukite|umihaarutomo|torazuhayamaji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

わたのそこ[寛],
しづくしらたま,[寛]しつくしらたま,
かぜふきて,[寛]かせふきて,
うみはあるとも[寛],
とらずはやまじ,[寛]とらすはやまし,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました