万葉集1124番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1124番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1124番について

歌番号

1124番

原文

佐保<川>尓|小驟千鳥|夜三更而|尓音聞者|宿不難尓

訓読

佐保川に騒ける千鳥さ夜更けて汝が声聞けば寐ねかてなくに

かな読み

さほがはに|さわけるちどり|さよふけて|ながこゑきけば|いねかてなくに

カタカナ読み

サホガハニ|サワケルチドリ|サヨフケテ|ナガコヱキケバ|イネカテナクニ

ローマ字読み|大文字

SAHOGAHANI|SAWAKERUCHIDORI|SAYOFUKETE|NAGAKOEKIKEBA|INEKATENAKUNI

ローマ字読み|小文字

sahogahani|sawakeruchidori|sayofukete|nagakoekikeba|inekatenakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|奈良|動物|地名|恋情

校異

河->川【類】【紀】【温】

寛永版本

さほがはに,[寛]さほかはに,
さわけるちどり,[寛]あそふちとりの,
さよふけて[寛],
ながこゑきけば,[寛]そのこゑきけは,
いねかてなくに,[寛]いねられなくに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました