万葉集1248番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1248番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1248番について

歌番号

1248番

原文

吾妹子|見偲|奥藻|花開在|我告与

訓読

我妹子と見つつ偲はむ沖つ藻の花咲きたらば我れに告げこそ

かな読み

わぎもこと|みつつしのはむ|おきつもの|はなさきたらば|われにつげこそ

カタカナ読み

ワギモコト|ミツツシノハム|オキツモノ|ハナサキタラバ|ワレニツゲコソ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOTO|MITSUTSUSHINOHAMU|OKITSUMONO|HANASAKITARABA|WARENITSUGEKOSO

ローマ字読み|小文字

wagimokoto|mitsutsushinohamu|okitsumono|hanasakitaraba|warenitsugekoso

左注|左註

右四首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|略体|植物

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこと,[寛]わきもこか,
みつつしのはむ[寛],
おきつもの[寛],
はなさきたらば,[寛]はなさきたらは,
われにつげこそ,[寛]われにつけこよ,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました