万葉集1356番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1356番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1356番について

歌番号

1356番

原文

向峯尓|立有桃樹|<将>成哉等|人曽耳言為|汝情勤

訓読

向つ峰に立てる桃の木ならむやと人ぞささやく汝が心ゆめ

かな読み

むかつをに|たてるもものき|ならむやと|ひとぞささやく|ながこころゆめ

カタカナ読み

ムカツヲニ|タテルモモノキ|ナラムヤト|ヒトゾササヤク|ナガココロユメ

ローマ字読み|大文字

MUKATSUONI|TATERUMOMONOKI|NARAMUYATO|HITOZOSASAYAKU|NAGAKOKOROYUME

ローマ字読み|小文字

mukatsuoni|taterumomonoki|naramuyato|hitozosasayaku|nagakokoroyume

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物|歌垣

校異

->将【元】【類】【紀】|為【塙本】焉

寛永版本

むかつをに[寛],
たてるもものき[寛],
ならむやと,[寛]なりぬやと,
ひとぞささやく,[寛]ひとそささめきし,
ながこころゆめ,[寛]なかこころゆめ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました