万葉集1247番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1247番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1247番について

歌番号

1247番

原文

大穴道|少御神|作|妹勢能山|見吉

訓読

大汝少御神の作らしし妹背の山を見らくしよしも

かな読み

おほなむち|すくなみかみの|つくらしし|いもせのやまを|みらくしよしも

カタカナ読み

オホナムチ|スクナミカミノ|ツクラシシ|イモセノヤマヲ|ミラクシヨシモ

ローマ字読み|大文字

OHONAMUCHI|SUKUNAMIKAMINO|TSUKURASHISHI|IMOSENOYAMAO|MIRAKUSHIYOSHIMO

ローマ字読み|小文字

ohonamuchi|sukunamikamino|tsukurashishi|imosenoyamao|mirakushiyoshimo

左注|左註

右四首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|土地讃美|略体|地名

校異

特に無し

寛永版本

おほなむち[寛],
すくなみかみの[寛],
つくらしし,[寛]つくりたる,
いもせのやまを[寛],
みらくしよしも,[寛]みれはしよしも,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました