万葉集1410番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1410番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1410番について

歌番号

1410番

原文

世間者|信二代者|不徃有之|過妹尓|不相念者

訓読

世間はまこと二代はゆかざらし過ぎにし妹に逢はなく思へば

かな読み

よのなかは|まことふたよは|ゆかざらし|すぎにしいもに|あはなくおもへば

カタカナ読み

ヨノナカハ|マコトフタヨハ|ユカザラシ|スギニシイモニ|アハナクオモヘバ

ローマ字読み|大文字

YONONAKAHA|MAKOTOFUTAYOHA|YUKAZARASHI|SUGINISHIIMONI|AHANAKUOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

yononakaha|makotofutayoha|yukazarashi|suginishiimoni|ahanakuomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻歌

校異

特に無し

寛永版本

よのなかは[寛],
まことふたよは,[寛]ことふたよはは,
ゆかざらし,[寛]ゆかさらし,
すぎにしいもに,[寛]すきにしいもに,
あはなくおもへば,[寛]あはぬおもへは,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました