万葉集1249番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1249番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1249番について

歌番号

1249番

原文

君為|浮沼池|菱採|我染袖|沾在哉

訓読

君がため浮沼の池の菱摘むと我が染めし袖濡れにけるかも

かな読み

きみがため|うきぬのいけの|ひしつむと|わがそめしそで|ぬれにけるかも

カタカナ読み

キミガタメ|ウキヌノイケノ|ヒシツムト|ワガソメシソデ|ヌレニケルカモ

ローマ字読み|大文字

KIMIGATAME|UKINUNOIKENO|HISHITSUMUTO|WAGASOMESHISODE|NURENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

kimigatame|ukinunoikeno|hishitsumuto|wagasomeshisode|nurenikerukamo

左注|左註

右四首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|島根|略体|植物|地名

校異

特に無し

寛永版本

きみがため,[寛]きみかため,
うきぬのいけの[寛],
ひしつむと,[寛]ひしとると,
わがそめしそで,[寛]わかそめしそて,
ぬれにけるかも,[寛]ぬれにけるかな,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました