万葉集1109番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1109番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1109番について

歌番号

1109番

原文

佐桧乃熊|桧隅川之|瀬乎早|君之手取者|将縁言毳

訓読

さ桧の隈桧隈川の瀬を早み君が手取らば言寄せむかも

かな読み

さひのくま|ひのくまがはの|せをはやみ|きみがてとらば|ことよせむかも

カタカナ読み

サヒノクマ|ヒノクマガハノ|セヲハヤミ|キミガテトラバ|コトヨセムカモ

ローマ字読み|大文字

SAHINOKUMA|HINOKUMAGAHANO|SEOHAYAMI|KIMIGATETORABA|KOTOYOSEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

sahinokuma|hinokumagahano|seohayami|kimigatetoraba|kotoyosemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|飛鳥|恋愛|地名

校異

特に無し

寛永版本

さひのくま[寛],
ひのくまがはの,[寛]ひのくまかはの,
せをはやみ[寛],
きみがてとらば,[寛]きみかてとらは,
ことよせむかも,[寛]よらむてうかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました