万葉集1110番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1110番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1110番について

歌番号

1110番

原文

湯種蒔|荒木之小田矣|求跡|足結出所沾|此水之湍尓

訓読

ゆ種蒔くあらきの小田を求めむと足結ひ出で濡れぬこの川の瀬に

かな読み

ゆだねまく|あらきのをだを|もとめむと|あゆひいでぬれぬ|このかはのせに

カタカナ読み

ユダネマク|アラキノヲダヲ|モトメムト|アユヒイデヌレヌ|コノカハノセニ

ローマ字読み|大文字

YUDANEMAKU|ARAKINODAO|MOTOMEMUTO|AYUHIIDENURENU|KONOKAHANOSENI

ローマ字読み|小文字

yudanemaku|arakinodao|motomemuto|ayuhiidenurenu|konokahanoseni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|比喩|恋愛

校異

出【万葉集略解】出|河【類】【紀】(塙)川

寛永版本

ゆだねまく,[寛]ゆたねまき,
あらきのをだを,[寛]あらきのをたを,
もとめむと[寛],
あゆひいでぬれぬ,[寛]あゆいてぬれぬ,
このかはのせに[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました