万葉集1294番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1294番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1294番について

歌番号

1294番

原文

朝月|日向山|月立所見|遠妻|持在人|看乍偲

訓読

朝月の日向の山に月立てり見ゆ遠妻を待ちたる人し見つつ偲はむ

かな読み

あさづきの|ひむかのやまに|つきたてりみゆ|とほづまを|もちたるひとし|みつつしのはむ

カタカナ読み

アサヅキノ|ヒムカノヤマニ|ツキタテリミユ|トホヅマヲ|モチタルヒトシ|ミツツシノハム

ローマ字読み|大文字

ASAZUKINO|HIMUKANOYAMANI|TSUKITATERIMIYU|TOHOZUMAO|MOCHITARUHITOSHI|MITSUTSUSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

asazukino|himukanoyamani|tsukitaterimiyu|tohozumao|mochitaruhitoshi|mitsutsushinohamu

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|略体|望郷|宮崎|地名|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あさづきの,[寛]あさつくひ,
ひむかのやまに,[寛]むかひのやまの,
つきたてりみゆ,[寛]つきたちてみゆ,
とほづまを,[寛]とほつまを,
もちたるひとし,[寛]もたらむひとや,
みつつしのはむ[寛],

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました