万葉集1141番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1141番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1141番について

歌番号

1141番

原文

武庫河|水尾急<>|赤駒|足何久激|沾祁流鴨

訓読

武庫川の水脈を早みと赤駒の足掻くたぎちに濡れにけるかも

かな読み

むこがはの|みををはやみと|あかごまの|あがくたぎちに|ぬれにけるかも

カタカナ読み

ムコガハノ|ミヲヲハヤミト|アカゴマノ|アガクタギチニ|ヌレニケルカモ

ローマ字読み|大文字

MUKOGAHANO|MIOHAYAMITO|AKAGOMANO|AGAKUTAGICHINI|NURENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

mukogahano|miohayamito|akagomano|agakutagichini|nurenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|兵庫|大阪|羈旅|地名

校異

嘉->【元】【類】

寛永版本

むこがはの,[寛]むこかはの,
みををはやみと,[寛]みつをはやみか,
あかごまの,[寛]あかこまの,
あがくたぎちに,[寛]あかくそそきに,
ぬれにけるかも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました