万葉集1143番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1143番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1143番について

歌番号

1143番

原文

作夜深而|穿江水手鳴|松浦船|梶音高之|水尾早見鴨

訓読

さ夜更けて堀江漕ぐなる松浦舟楫の音高し水脈早みかも

かな読み

さよふけて|ほりえこぐなる|まつらぶね|かぢのおとたかし|みをはやみかも

カタカナ読み

サヨフケテ|ホリエコグナル|マツラブネ|カヂノオトタカシ|ミヲハヤミカモ

ローマ字読み|大文字

SAYOFUKETE|HORIEKOGUNARU|MATSURABUNE|KAJINOTOTAKASHI|MIOHAYAMIKAMO

ローマ字読み|小文字

sayofukete|horiekogunaru|matsurabune|kajinototakashi|miohayamikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|地名|叙景

校異

船【類】【古】【温】舟

寛永版本

さよふけて[寛],
ほりえこぐなる,[寛]ほりえこくなる,
まつらぶね,[寛]まつらふね,
かぢのおとたかし,[寛]かちおとたかし,
みをはやみかも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました