万葉集1180番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1180番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1180番について

歌番号

1180番

原文

荒礒超|浪乎恐見|淡路嶋|不見哉将過<去>|幾許近乎

訓読

荒磯越す波を畏み淡路島見ずか過ぎなむここだ近きを

かな読み

ありそこす|なみをかしこみ|あはぢしま|みずかすぎなむ|ここだちかきを

カタカナ読み

アリソコス|ナミヲカシコミ|アハヂシマ|ミズカスギナム|ココダチカキヲ

ローマ字読み|大文字

ARISOKOSU|NAMIOKASHIKOMI|AHAJISHIMA|MIZUKASUGINAMU|KOKODACHIKAKIO

ローマ字読み|小文字

arisokosu|namiokashikomi|ahajishima|mizukasuginamu|kokodachikakio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|地名

校異

->去【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

ありそこす,[寛]あらいそこす,
なみをかしこみ[寛],
あはぢしま,[寛]あはちしま,
みずかすぎなむ,[寛]みすてやすきむ,
ここだちかきを,[寛]ここたちかきを,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました