万葉集1327番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1327番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1327番について

歌番号

1327番

原文

秋風者|継而莫吹|海底|奥在玉乎|手纒左右二

訓読

秋風は継ぎてな吹きそ海の底沖なる玉を手に巻くまでに

かな読み

あきかぜは|つぎてなふきそ|わたのそこ|おきなるたまを|てにまくまでに

カタカナ読み

アキカゼハ|ツギテナフキソ|ワタノソコ|オキナルタマヲ|テニマクマデニ

ローマ字読み|大文字

AKIKAZEHA|TSUGITENAFUKISO|WATANOSOKO|OKINARUTAMAO|TENIMAKUMADENI

ローマ字読み|小文字

akikazeha|tsugitenafukiso|watanosoko|okinarutamao|tenimakumadeni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あきかぜは,[寛]あきかせは,
つぎてなふきそ,[寛]つきてなふきそ,
わたのそこ[寛],
おきなるたまを[寛],
てにまくまでに,[寛]てにまくまてに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました