万葉集1037番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1037番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1037番について

歌番号

1037番

原文

今造|久<邇>乃王都者|山河之|清見者|宇倍所知良之

訓読

今造る久迩の都は山川のさやけき見ればうべ知らすらし

かな読み

いまつくる|くにのみやこは|やまかはの|さやけきみれば|うべしらすらし

カタカナ読み

イマツクル|クニノミヤコハ|ヤマカハノ|サヤケキミレバ|ウベシラスラシ

ローマ字読み|大文字

IMATSUKURU|KUNINOMIYAKOHA|YAMAKAHANO|SAYAKEKIMIREBA|UBESHIRASURASHI

ローマ字読み|小文字

imatsukuru|kuninomiyakoha|yamakahano|sayakekimireba|ubeshirasurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|宮廷讃美|京都|天平15年8月16日|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|尓->邇【元】【類】【紀】

寛永版本

いまつくる[寛],
くにのみやこは[寛],
やまかはの[寛],
さやけきみれば,[寛]きよくみゆれは,
うべしらすらし,[寛]うへしらるらし,

巻数

第6巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました