万葉集979番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集979番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集979番について

歌番号

979番

原文

吾背子我|著衣薄|佐保風者|疾莫吹|及<家>左右

訓読

我が背子が着る衣薄し佐保風はいたくな吹きそ家に至るまで

かな読み

わがせこが|けるきぬうすし|さほかぜは|いたくなふきそ|いへにいたるまで

カタカナ読み

ワガセコガ|ケルキヌウスシ|サホカゼハ|イタクナフキソ|イヘニイタルマデ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|KERUKINUSUSHI|SAHOKAZEHA|ITAKUNAFUKISO|IHENIITARUMADE

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|kerukinusushi|sahokazeha|itakunafukiso|iheniitarumade

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大伴家持|佐保|恋情|相聞的|地名|贈答

校異

輿->与【元】【紀】【細】|歌【西】謌【西(訂正)】歌|宅->家【元】【類】【紀】

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
けるきぬうすし,[寛]きたるきぬうすし,
さほかぜは,[寛]さほかせは,
いたくなふきそ[寛],
いへにいたるまで,[寛]いへにいたるまて,

巻数

第6巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました