万葉集1038番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1038番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1038番について

歌番号

1038番

原文

故郷者|遠毛不有|一重山|越我可良尓|念曽吾世思

訓読

故郷は遠くもあらず一重山越ゆるがからに思ひぞ我がせし

かな読み

ふるさとは|とほくもあらず|ひとへやま|こゆるがからに|おもひぞわがせし

カタカナ読み

フルサトハ|トホクモアラズ|ヒトヘヤマ|コユルガカラニ|オモヒゾワガセシ

ローマ字読み|大文字

FURUSATOHA|TOHOKUMOARAZU|HITOHEYAMA|KOYURUGAKARANI|OMOHIZOWAGASESHI

ローマ字読み|小文字

furusatoha|tohokumoarazu|hitoheyama|koyurugakarani|omohizowagaseshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|望郷|京都|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ふるさとは[寛],
とほくもあらず,[寛]とほくもあらす,
ひとへやま[寛],
こゆるがからに,[寛]こゆるわれからに,
おもひぞわがせし,[寛]おもひそわかせし,

巻数

第6巻

作者

高丘河内

タイトルとURLをコピーしました