万葉集1012番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1012番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1012番について

歌番号

1012番

原文

春去者|乎呼理尓乎呼里|鴬<之|鳴>吾嶋曽|不息通為

訓読

春さればををりにををり鴬の鳴く我が山斎ぞやまず通はせ

かな読み

はるされば|ををりにををり|うぐひすの|なくわがしまぞ|やまずかよはせ

カタカナ読み

ハルサレバ|ヲヲリニヲヲリ|ウグヒスノ|ナクワガシマゾ|ヤマズカヨハセ

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|ORINIORI|UGUHISUNO|NAKUWAGASHIMAZO|YAMAZUKAYOHASE

ローマ字読み|小文字

harusareba|oriniori|uguhisuno|nakuwagashimazo|yamazukayohase

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|古歌|唱和|伝誦|葛井広成|風流|天平8年12月12日年紀|動物

校異

->之鳴【西(左書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
ををりにををり[寛],
うぐひすの,[寛]うくひすの,
なくわがしまぞ,[寛]なくわかしまそ,
やまずかよはせ,[寛]やますかよはせ,

巻数

第6巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました