万葉集974番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集974番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集974番について

歌番号

974番

原文

大夫之|去跡云道曽|凡可尓|念而行勿|大夫之伴

訓読

大夫の行くといふ道ぞおほろかに思ひて行くな大夫の伴

かな読み

ますらをの|ゆくといふみちぞ|おほろかに|おもひてゆくな|ますらをのとも

カタカナ読み

マスラヲノ|ユクトイフミチゾ|オホロカニ|オモヒテユクナ|マスラヲノトモ

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|YUKUTOIFUMICHIZO|OHOROKANI|OMOHITEYUKUNA|MASURAONOTOMO

ローマ字読み|小文字

masuraono|yukutoifumichizo|ohorokani|omohiteyukuna|masuraonotomo

左注|左註

右御歌者或云太上天皇御製也

事項|分類・ジャンル

雑歌|作者異伝|送別|大夫|天平4年|餞別|宴席

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ますらをの[寛],
ゆくといふみちぞ,[寛]ゆくといふみちそ,
おほろかに[寛],
おもひてゆくな[寛],
ますらをのとも[寛],

巻数

第6巻

作者

聖武天皇

タイトルとURLをコピーしました