万葉集1042番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1042番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1042番について

歌番号

1042番

原文

一松|幾代可歴流|吹風乃|聲之清者|年深香聞

訓読

一つ松幾代か経ぬる吹く風の音の清きは年深みかも

かな読み

ひとつまつ|いくよかへぬる|ふくかぜの|おとのきよきは|としふかみかも

カタカナ読み

ヒトツマツ|イクヨカヘヌル|フクカゼノ|オトノキヨキハ|トシフカミカモ

ローマ字読み|大文字

HITOTSUMATSU|IKUYOKAHENURU|FUKUKAZENO|OTONOKIYOKIHA|TOSHIFUKAMIKAMO

ローマ字読み|小文字

hitotsumatsu|ikuyokahenuru|fukukazeno|otonokiyokiha|toshifukamikamo

左注|左註

右一首市原王作

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|天平16年1月11日年紀|寿|京都|久邇京|地名

校異

歌【西】哥【西(訂正)】歌

寛永版本

ひとつまつ[寛],
いくよかへぬる[寛],
ふくかぜの,[寛]ふくかせの,
おとのきよきは,[寛]こゑのすめるは,
としふかみかも,[寛]としふかきかも,

巻数

第6巻

作者

市原王

タイトルとURLをコピーしました