万葉集981番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集981番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集981番について

歌番号

981番

原文

猟高乃|高圓山乎|高弥鴨|出来月乃|遅将光

訓読

狩高の高円山を高みかも出で来る月の遅く照るらむ

かな読み

かりたかの|たかまとやまを|たかみかも|いでくるつきの|おそくてるらむ

カタカナ読み

カリタカノ|タカマトヤマヲ|タカミカモ|イデクルツキノ|オソクテルラム

ローマ字読み|大文字

KARITAKANO|TAKAMATOYAMAO|TAKAMIKAMO|IDEKURUTSUKINO|OSOKUTERURAMU

ローマ字読み|小文字

karitakano|takamatoyamao|takamikamo|idekurutsukino|osokuteruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|題詠|奈良|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かりたかの,[寛]かるたかの,
たかまとやまを[寛],
たかみかも[寛],
いでくるつきの,[寛]いてくるつきの,
おそくてるらむ[寛],

巻数

第6巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました