万葉集953番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集953番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集953番について

歌番号

953番

原文

竿<壮>鹿之|鳴奈流山乎|越将去|日谷八君|當不相将有

訓読

さを鹿の鳴くなる山を越え行かむ日だにや君がはた逢はざらむ

かな読み

さをしかの|なくなるやまを|こえゆかむ|ひだにやきみが|はたあはざらむ

カタカナ読み

サヲシカノ|ナクナルヤマヲ|コエユカム|ヒダニヤキミガ|ハタアハザラム

ローマ字読み|大文字

SAOSHIKANO|NAKUNARUYAMAO|KOEYUKAMU|HIDANIYAKIMIGA|HATAAHAZARAMU

ローマ字読み|小文字

saoshikano|nakunaruyamao|koeyukamu|hidaniyakimiga|hataahazaramu

左注|左註

右笠朝臣金村之歌中出也|或云車持朝臣千年作<之>也

事項|分類・ジャンル

雑歌|車持千年|作者異伝|難波|大阪|比喩|恋愛|神亀5年年紀|望郷|女歌|掛醎合媿|動物|地名

校異

牡->壮【元】【類】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌|->之【元】【紀】【細】

寛永版本

さをしかの[寛],
なくなるやまを[寛],
こえゆかむ,[寛]こえてゆかむ,
ひだにやきみが,[寛]ひたにやきみ,
はたあはざらむ,[寛]はたあはさらむ,

巻数

第6巻

作者

笠金村歌集

タイトルとURLをコピーしました