万葉集1010番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1010番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1010番について

歌番号

1010番

原文

奥山之|真木葉凌|零雪乃|零者雖益|地尓落目八方

訓読

奥山の真木の葉しのぎ降る雪の降りは増すとも地に落ちめやも

かな読み

おくやまの|まきのはしのぎ|ふるゆきの|ふりはますとも|つちにおちめやも

カタカナ読み

オクヤマノ|マキノハシノギ|フルユキノ|フリハマストモ|ツチニオチメヤモ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|MAKINOHASHINOGI|FURUYUKINO|FURIHAMASUTOMO|TSUCHINIOCHIMEYAMO

ローマ字読み|小文字

okuyamano|makinohashinogi|furuyukino|furihamasutomo|tsuchiniochimeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|応詔|寿歌|祝媿|天平8年11月|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おくやまの[寛],
まきのはしのぎ,[寛]まきのはしのき,
ふるゆきの[寛],
ふりはますとも[寛],
つちにおちめやも[寛],

巻数

第6巻

作者

橘奈良麻呂

タイトルとURLをコピーしました