万葉集1022番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1022番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1022番について

歌番号

1022番

原文

父公尓|吾者真名子叙|妣刀自尓|吾者愛兒叙|参昇|八十氏人乃|手向<為>|恐乃坂尓|<幣>奉|吾者叙追|遠杵土左道矣

訓読

父君に|我れは愛子ぞ|母刀自に|我れは愛子ぞ|参ゐ上る|八十氏人の|手向けする|畏の坂に|幣奉り|我れはぞ追へる|遠き土佐道を

かな読み

ちちぎみに|われはまなごぞ|ははとじに|われはまなごぞ|まゐのぼる|やそうぢひとの|たむけする|かしこのさかに|ぬさまつり|われはぞおへる|とほきとさぢを

カタカナ読み

チチギミニ|ワレハマナゴゾ|ハハトジニ|ワレハマナゴゾ|マヰノボル|ヤソウヂヒトノ|タムケスル|カシコノサカニ|ヌサマツリ|ワレハゾオヘル|トホキトサヂヲ

ローマ字読み|大文字

CHICHIGIMINI|WAREHAMANAGOZO|HAHATOJINI|WAREHAMANAGOZO|MAINOBORU|YASOJIHITONO|TAMUKESURU|KASHIKONOSAKANI|NUSAMATSURI|WAREHAZOHERU|TOHOKITOSAJIO

ローマ字読み|小文字

chichigimini|warehamanagozo|hahatojini|warehamanagozo|mainoboru|yasojihitono|tamukesuru|kashikonosakani|nusamatsuri|warehazoheru|tohokitosajio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|石上乙麻呂|流罪|久米若賣|密通|天平11年|土佐|高知|同情|歌語り

校異

為等->為【元】【細】|弊->幣【元】【細】

寛永版本

ちちぎみに,[寛]ちちきみに,
われはまなごぞ,[寛]われはまなこそ,
ははとじに,[寛]ははとしに,
われはまなごぞ,[寛]われはまなこそ,
まゐのぼる,[寛]まうのほり,
やそうぢひとの,[寛]やそうちひとの,
たむけする,[寛]たむけすと,
かしこのさかに[寛],
ぬさまつり[寛],
われはぞおへる,[寛]われはそおへる,
とほきとさぢを,[寛]とほきとさちを,

巻数

第6巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました