万葉集984番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集984番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集984番について

歌番号

984番

原文

雲隠|去方乎無跡|吾戀|月哉君之|欲見為流

訓読

雲隠り去方をなみと我が恋ふる月をや君が見まく欲りする

かな読み

くもがくり|ゆくへをなみと|あがこふる|つきをやきみが|みまくほりする

カタカナ読み

クモガクリ|ユクヘヲナミト|アガコフル|ツキヲヤキミガ|ミマクホリスル

ローマ字読み|大文字

KUMOGAKURI|YUKUHEONAMITO|AGAKOFURU|TSUKIOYAKIMIGA|MIMAKUHORISURU

ローマ字読み|小文字

kumogakuri|yukuheonamito|agakofuru|tsukioyakimiga|mimakuhorisuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大宅|題詠|恋情|相聞

校異

->國【西(右書)】【紀】【細】【温】|歌【西】謌

寛永版本

くもがくり,[寛]くもかくれ,
ゆくへをなみと,[寛]ゆくへをなしと,
あがこふる,[寛]わかこふる,
つきをやきみが,[寛]つきやきみかし,
みまくほりする[寛],

巻数

第6巻

作者

豊前国娘子

タイトルとURLをコピーしました