万葉集389番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集389番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集389番について

歌番号

389番

原文

嶋傳|敏馬乃埼乎|許藝廻者|日本戀久|鶴左波尓鳴

訓読

島伝ひ敏馬の崎を漕ぎ廻れば大和恋しく鶴さはに鳴く

かな読み

しまつたひ|みぬめのさきを|こぎみれば|やまとこほしく|たづさはになく

カタカナ読み

シマツタヒ|ミヌメノサキヲ|コギミレバ|ヤマトコホシク|タヅサハニナク

ローマ字読み|大文字

SHIMATSUTAHI|MINUMENOSAKIO|KOGIMIREBA|YAMATOKOHOSHIKU|TAZUSAHANINAKU

ローマ字読み|小文字

shimatsutahi|minumenosakio|kogimireba|yamatokohoshiku|tazusahaninaku

左注|左註

右歌若宮年魚麻呂誦之|但未審作者

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|伝誦|若年魚麻呂|兵庫|望郷|地名|動物

校異

歌【西】謌【西(右書)】歌

寛永版本

しまつたひ[寛],
みぬめのさきを[寛],
こぎみれば,[寛]こきためは,
やまとこほしく,[寛]やまとこひしく,
たづさはになく,[寛]たつさはになく,

巻数

第3巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました