万葉集342番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集342番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集342番について

歌番号

342番

原文

将言為便|将為便不知|極|貴物者|酒西有良之

訓読

言はむすべ為むすべ知らず極まりて貴きものは酒にしあるらし

かな読み

いはむすべ|せむすべしらず|きはまりて|たふときものは|さけにしあるらし

カタカナ読み

イハムスベ|セムスベシラズ|キハマリテ|タフトキモノハ|サケニシアルラシ

ローマ字読み|大文字

IHAMUSUBE|SEMUSUBESHIRAZU|KIHAMARITE|TAFUTOKIMONOHA|SAKENISHIARURASHI

ローマ字読み|小文字

ihamusube|semusubeshirazu|kihamarite|tafutokimonoha|sakenishiarurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|讃酒|太宰府|奈良|福岡|地名

校異

特に無し

寛永版本

いはむすべ,[寛]いはむすへ,
せむすべしらず,[寛]せむすへしらす,
きはまりて[寛],
たふときものは,[寛]かしこきものは,
さけにしあるらし[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました