万葉集439番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集439番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集439番について

歌番号

439番

原文

應還|時者成来|京師尓而|誰手本乎可|吾将枕

訓読

帰るべく時はなりけり都にて誰が手本をか我が枕かむ

かな読み

かへるべく|ときはなりけり|みやこにて|たがたもとをか|わがまくらかむ

カタカナ読み

カヘルベク|トキハナリケリ|ミヤコニテ|タガタモトヲカ|ワガマクラカム

ローマ字読み|大文字

KAHERUBEKU|TOKIHANARIKERI|MIYAKONITE|TAGATAMOTOKA|WAGAMAKURAKAMU

ローマ字読み|小文字

kaherubeku|tokihanarikeri|miyakonite|tagatamotoka|wagamakurakamu

左注|左註

右二首臨近向京之時作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|神龜5年年紀

校異

特に無し

寛永版本

かへるべく,[寛]かへるへき,
ときはなりけり,[寛]ときにはなりぬ,
みやこにて[寛],
たがたもとをか,[寛]たかたもとをか,
わがまくらかむ,[寛]わかまくらせむ,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました