万葉集444番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集444番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集444番について

歌番号

444番

原文

昨日社|公者在然|不思尓|濱松之<於>|雲棚引

訓読

昨日こそ君はありしか思はぬに浜松の上に雲にたなびく

かな読み

きのふこそ|きみはありしか|おもはぬに|はままつのうへに|くもにたなびく

カタカナ読み

キノフコソ|キミハアリシカ|オモハヌニ|ハママツノウヘニ|クモニタナビク

ローマ字読み|大文字

KINOFUKOSO|KIMIHAARISHIKA|OMOHANUNI|HAMAMATSUNOHENI|KUMONITANABIKU

ローマ字読み|小文字

kinofukoso|kimihaarishika|omohanuni|hamamatsunoheni|kumonitanabiku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|丈部龍麻呂|大阪|地名|天平1年年紀

校異

上於->於【類】【古】【紀】

寛永版本

きのふこそ[寛],
きみはありしか[寛],
おもはぬに,[寛]おもはすに,
はままつのうへに[寛],
くもにたなびく,[寛]くもとたなひく,

巻数

第3巻

作者

大伴三中

タイトルとURLをコピーしました