万葉集357番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集357番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集357番について

歌番号

357番

原文

縄浦従|背向尓所見|奥嶋|榜廻舟者|釣為良下

訓読

縄の浦ゆそがひに見ゆる沖つ島漕ぎ廻る舟は釣りしすらしも

かな読み

なはのうらゆ|そがひにみゆる|おきつしま|こぎみるふねは|つりしすらしも

カタカナ読み

ナハノウラユ|ソガヒニミユル|オキツシマ|コギミルフネハ|ツリシスラシモ

ローマ字読み|大文字

NAHANORAYU|SOGAHINIMIYURU|OKITSUSHIMA|KOGIMIRUFUNEHA|TSURISHISURASHIMO

ローマ字読み|小文字

nahanorayu|sogahinimiyuru|okitsushima|kogimirufuneha|tsurishisurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|縄嬥浦|兵庫|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

なはのうらゆ,[寛]なはのうらを,
そがひにみゆる,[寛]そかひにみゆる,
おきつしま[寛],
こぎみるふねは,[寛]こきたむふねは,
つりしすらしも,[寛]つりをすらしも,

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました