万葉集435番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集435番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集435番について

歌番号

435番

原文

見津見津四|久米能若子我|伊觸家武|礒之草根乃|干巻惜裳

訓読

みつみつし久米の若子がい触れけむ礒の草根の枯れまく惜しも

かな読み

みつみつし|くめのわくごが|いふれけむ|いそのくさねの|かれまくをしも

カタカナ読み

ミツミツシ|クメノワクゴガ|イフレケム|イソノクサネノ|カレマクヲシモ

ローマ字読み|大文字

MITSUMITSUSHI|KUMENOWAKUGOGA|IFUREKEMU|ISONOKUSANENO|KAREMAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

mitsumitsushi|kumenowakugoga|ifurekemu|isonokusaneno|karemakuoshimo

左注|左註

右案|年紀并所處<及>娘子屍作<歌>人名已見上也|但<歌>辞相違是非難別|因以累載於茲次焉

事項|分類・ジャンル

挽歌|和銅4年年紀|行路死人|大阪|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

みつみつし[寛],
くめのわくごが,[寛]くめのわかこか,
いふれけむ[寛],
いそのくさねの[寛],
かれまくをしも[寛],

巻数

第3巻

作者

河辺宮人

タイトルとURLをコピーしました