万葉集323番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集323番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集323番について

歌番号

323番

原文

百式紀乃|大宮人之|飽田津尓|船乗将為|年之不知久

訓読

ももしきの大宮人の熟田津に船乗りしけむ年の知らなく

かな読み

ももしきの|おほみやひとの|にきたつに|ふなのりしけむ|としのしらなく

カタカナ読み

モモシキノ|オホミヤヒトノ|ニキタツニ|フナノリシケム|トシノシラナク

ローマ字読み|大文字

MOMOSHIKINO|OHOMIYAHITONO|NIKITATSUNI|FUNANORISHIKEMU|TOSHINOSHIRANAKU

ローマ字読み|小文字

momoshikino|ohomiyahitono|nikitatsuni|funanorishikemu|toshinoshiranaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|伊予温泉|道後温泉|愛媛|羈旅|土地讃美|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

ももしきの[寛],
おほみやひとの[寛],
にきたつに[寛],
ふなのりしけむ[寛],
としのしらなく[寛],

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました