万葉集469番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集469番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集469番について

歌番号

469番

原文

妹之見師|屋前尓花咲|時者經去|吾泣涙|未干尓

訓読

妹が見しやどに花咲き時は経ぬ我が泣く涙いまだ干なくに

かな読み

いもがみし|やどにはなさき|ときはへぬ|わがなくなみた|いまだひなくに

カタカナ読み

イモガミシ|ヤドニハナサキ|トキハヘヌ|ワガナクナミタ|イマダヒナクニ

ローマ字読み|大文字

IMOGAMISHI|YADONIHANASAKI|TOKIHAHENU|WAGANAKUNAMITA|IMADAHINAKUNI

ローマ字読み|小文字

imogamishi|yadonihanasaki|tokihahenu|waganakunamita|imadahinakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|天平11年6月年紀

校異

特に無し

寛永版本

いもがみし,[寛]いもかみし,
やどにはなさき,[寛]やとにはなさく,
ときはへぬ[寛],
わがなくなみた,[寛]わかなくなみた,
いまだひなくに,[寛]いまたひなくに,

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました