万葉集343番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集343番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集343番について

歌番号

343番

原文

中々尓|人跡不有者|酒壷二|成而師鴨|酒二染甞

訓読

なかなかに人とあらずは酒壷になりにてしかも酒に染みなむ

かな読み

なかなかに|ひととあらずは|さかつぼに|なりにてしかも|さけにしみなむ

カタカナ読み

ナカナカニ|ヒトトアラズハ|サカツボニ|ナリニテシカモ|サケニシミナム

ローマ字読み|大文字

NAKANAKANI|HITOTOARAZUHA|SAKATSUBONI|NARINITESHIKAMO|SAKENISHIMINAMU

ローマ字読み|小文字

nakanakani|hitotoarazuha|sakatsuboni|nariniteshikamo|sakenishiminamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|讃酒|太宰府|奈良|福岡|地名

校異

特に無し

寛永版本

なかなかに[寛],
ひととあらずは,[寛]ひととあらすは,
さかつぼに,[寛]さかつほに,
なりにてしかも[寛],
さけにしみなむ[寛].

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました