万葉集318番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集318番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集318番について

歌番号

318番

原文

田兒之浦従|打出而見者|真白衣|不盡能高嶺尓|雪波零家留

訓読

田子の浦ゆうち出でて見れば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りける

かな読み

たごのうらゆ|うちいでてみれば|ましろにぞ|ふじのたかねに|ゆきはふりける

カタカナ読み

タゴノウラユ|ウチイデテミレバ|マシロニゾ|フジノタカネニ|ユキハフリケル

ローマ字読み|大文字

TAGONORAYU|UCHIIDETEMIREBA|MASHIRONIZO|FUJINOTAKANENI|YUKIHAFURIKERU

ローマ字読み|小文字

tagonorayu|uchiidetemireba|mashironizo|fujinotakaneni|yukihafurikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|富士山|静岡|土地讃美|国見|地名|羈旅

校異

歌【西】謌【西(訂正右書)】歌

寛永版本

たごのうらゆ,[寛]たこのうらに,
うちいでてみれば,[寛]うちいててみれは,
ましろにぞ,[寛]ましろにそ,
ふじのたかねに,[寛]ふしのたかねに,
ゆきはふりける[寛],

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました