万葉集364番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集364番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集364番について

歌番号

364番

原文

大夫之|弓上振起|射都流矢乎|後将見人者|語継金

訓読

ますらをの弓末振り起し射つる矢を後見む人は語り継ぐがね

かな読み

ますらをの|ゆずゑふりおこし|いつるやを|のちみむひとは|かたりつぐがね

カタカナ読み

マスラヲノ|ユズヱフリオコシ|イツルヤヲ|ノチミムヒトハ|カタリツグガネ

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|YUZUEFURIOKOSHI|ITSURUYAO|NOCHIMIMUHITOHA|KATARITSUGUGANE

ローマ字読み|小文字

masuraono|yuzuefuriokoshi|itsuruyao|nochimimuhitoha|kataritsugugane

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|滋賀県|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

ますらをの[寛],
ゆずゑふりおこし,[寛]ゆすえふりおこし,
いつるやを[寛],
のちみむひとは[寛],
かたりつぐがね,[寛]かたりつくかね,

巻数

第3巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました